歌手辻井伸行的头像

辻井伸行

小档案 辻井 伸行(つじい のぶゆき、1988年9月13日 - )は東京都豊島区出身のピアニスト。上野学園大学に在学中。 これまでに、増山真佐子、川上昌裕、川上ゆかり、横山幸雄、田部京子に師事。   大事件 産婦人科医の父と元アナウンサーの母を両親に持ち、視覚障害者として生まれる。2001年3月、筑波大学附属盲学校(現在は視覚特別支援学校)小学部を卒業。[1] 2007年3月、東京音楽大学付属高等学校(ピアノ演奏家コース)を卒業。 1995年(7歳)、全日本盲学生音楽コンクール器楽部門ピアノの部第1位受賞。 1998年(10歳)、三枝成彰スペシャルコンサートで本名徹次指揮、大阪センチュリー交響楽団と共演し鮮烈なデビューを飾った。 1999年(11歳)、全国PTNAピアノコンペティションD級で金賞を受賞した。 2000年(12歳)、第1回ソロ?リサイタルをサントリーホール小ホールにて行い、翌2001年すぐに第2回のソロ?リサイタルを開催した。この他に、神戸音楽祭に出演するなど日本各地でコンサート活動を行っている。 2002年に「佐渡裕ヤングピープルズ?コンサート」に出演。また、同年、東京オペラシティ?コンサートホールで行われた金聖響指揮、東京交響楽団とのコンサートでは、モーツァルトとショパンのコンチェルト2曲を演奏し大成功を収めた。 2003年には齊藤一郎指揮、読売日本交響楽団と共演し、この公演は日本テレビ「深夜の音楽会」で放送された。また、秋山和慶指揮、東京交響楽団とサマーコンサート2003に出演。 2004年には東京交響楽団の定期公演に出演し、大きな反響を得る。 2005年6月に、レオシュ?スワロフスキー指揮、スロヴァキア?フィルハーモニー管弦楽団と共演し、大成功を収めた。10月、ワルシャワで行なわれた第15回ショパン国際ピアノコンクールにて「ポーランド批評家賞」を受賞した。 2009年6月7日、アメリカで開催されたヴァン?クライバーン国際ピアノコンクールで優勝した。中国人ピアニスト張昊辰と同時優勝の形。日本人として初の優勝である。7月13日、台東区民栄誉章受章。   活動  すでに海外での活動も行っており、カーネギーホール?ワイルリサイタルホールにてアメリカ?デビュー。ロシア(モスクワ音楽院大ホール)、チェコ、台湾などで演奏。 1999年より今日までの活動をテレビ朝日が取材し続けており、その様子は『ニュースステーション』や『報道ステーション』などを通じて紹介された。 2002年にパリで佐渡裕指揮、ラムルー管弦楽団との共演を果たし、14歳でフランス?デビューを飾った。 2009年7月2日『クローズアップ現代』(NHK)に出演[2]し、ショパン練習曲作品10第4を演奏した。コンクール審査員リチャード?ダイアー氏へのインタビューも紹介された。 2009年12月26日『情報7days ニュースキャスタースペシャル』(TBSテレビ)にゲスト出演し、番組終盤に同番組のテーマ曲を演奏した。 2010年4月30日『徹子の部屋』(テレビ朝日)に母親とゲスト出演した。 2010年5月7日『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBSテレビ)のスタジオに母親が出演し、活動を紹介した。   ディスコグラフィ 第15回ショパン国際ピアノコンクールの記録 Vol.7 辻井伸行(2005年末発売) Debut Album『debut』(2007年10月24日発売) 『川のささやき~辻井伸行サントリーホールLIVE!』 (2008年6月25日発売) 辻井伸行× 佐渡裕『ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番』(2008年10月22日発売 )